中学生の皆さんへ

今をさかのぼること、およそ1200年の昔、空海弘法大師は、本校の源となった日本史上初の私立学校「綜藝種智院」をお開きになられました。そのとき建学の根本精神を示すことばとして「物の興廃は必ず人に由る人の昇沈は定めて道にあり(この世のありようはひとえに一人一人の人間にかかっている 人のありようというものはその人の歩む道によって決まる)」と述べられました。時代は移り、幾多の変遷を経て、本校は弘法大師の掲げられたお志を、この世に承け継いでいきたいと願っています。

現代において、高校生がめざすべき人としてのありようとはどのようなものでしょう。求めるべき道とはどのようなものでしょう。さまざまな困難のおこるなか、皆さんの力を、いま、日本がそして世界が必要としています。皆さんは求められているのです。自分の目にするもの、自分に関わりのあるすべてのものに対して感謝しつつ、その心によりそい、求められる自分自身を自覚して高校生活に取り組んでほしいと思います。

高校生活にかける皆さんの夢や目標は、さまざまなものであろうと思います。体育系・文化系それぞれのクラブ活動、体育祭・文化祭をはじめとする多彩な学校行事、あるいは志望の大学に向かって学業にいそしむこと。すべてに本気で取り組むことで、来るべき将来に備え、日本のために世界のために力を蓄えてもらいたい。それが「洛南」の願いです。

真言宗洛南学園学園長 洛南高等学校校長 川田信一

真言宗洛南学園学園長 洛南高等学校校長 川田信一

志望される皆さんへ

「洛南」は、平安時代に空海弘法大師が京の都につくられた綜芸種智院をルーツとする学校です。弘法大師は、当時の日本にあって身分にかかわらず、広く学問を志す若者たちが学べる学校をつくり、仏教の教えに基づく人間教育を目指されました。建学の趣意書といえる文章の中で、「物の興廃は必ず人に由る 人の昇沈は定めて道にあり」と述べられています。世の中が栄えるのも衰退するのも、その社会の人々のあり方にかかっている、人としてのあり方は道によって決まるものであるという意味です。

時代は移り、幾度かの変遷を経て、現在にいたっていますが、「洛南」の願いとするところは今も変わりません。自らを活かし、世の一隅を照らすことのできる人をつくっていける教育を、人にとっての「道」といえるものを示していける教育を探求しつづけています。

このような理念のもとで、とくに附属中学校では「洛南」教育の土台となることをしっかり身につけてもらうことに力点を置いています。挨拶を大切にすること、身の回りの整理や美化に努めること、学習に励むこと、クラブ活動や学校行事に頑張ることを通じて自分の可能性を発掘してもらい、人としての生きる力がしっかり身につくよう日々取り組んでいます。このような人として当たり前のことを当たり前にできる力を育ててこそ、高校で、そしてやがては大学、社会で自分の花を咲かせ、世のため人のために努力できる人間となることができるのだと思います。

「洛南」は、これからも一人一人の人が持つ可能性の発掘と将来の開花を応援しつづけてまいります。

洛南高等学校附属中学校 校長 岩﨑 順一

洛南高等学校附属中学校 校長 岩﨑 順一

学園沿革

本校のはじまりは、今からおよそ1200年前、日本文化の父といわれる弘法大師が庶民のための教育の場として創られた日本最初の私立学校「綜藝種智院(しゅげいしゅちいん)」にまでさかのぼることができます。
その後、永い歴史の中で承け継がれてきた大師の建学の精神にもとづいて、1962年(昭和37年)、新たに「洛南高等学校」として発足しました。さらに教育の一層の充実強化を願って、1985年(昭和60年)4月に附属中学校を開校しました。その後2006年(平成18年)4月、男女共学化、さらに2014年(平成26年)4月、長岡京跡・北東部の地に附属小学校を創設しました。

約1200年前(平安時代)
弘法大師が庶民のための教育の場として日本最初の私立学校「綜藝種智院」を開く
昭和37年
洛南高等学校 発足
昭和60年
洛南高等学校附属中学校 開校
平成18年
男女共学制を導入