学校行事レポート

平成29年度 第56回体育祭〜百折不撓 鬨の声をあげろ〜

2017.9.19 19:00

待ちに待った台風一過!

9月19日(火)、中学・高校合同の体育祭が向島のグラウンドで開催されました。短い準備期間のなか、高校生が中心となって準備を進めてきたこの一大イベントは、当初は17日(日)の予定でしたが、台風の影響により2日間の順延、まさに「待ちに待った」開催となりました。また、3年生にとっては学校生活最後の体育祭となります。吹奏楽部の生演奏による海兵隊のマーチにのせて、ブロック毎の【入場行進】が始まると、応援席の保護者の皆さんから盛大な手拍子が湧き起こりました。各クラスが今年のスポーツ系の大会の成績や、団結力をアピールしながら本部席を通過していきます。応援席には保護者の他に、卒業生の姿も見られました。

応援とデコレーションで華を競う

体育祭の名物といえば、高校生の応援団による【応援合戦】の演舞です。各団が団カラーの衣装を身にまとい、初っ端からエンジン全開で挑みます。
黄団は他の団に比べ人数は少ない分、団結力が素晴らしく暴れ太鼓に合わせた演舞が見事でした。曲調が変わってからの扇子を使った演出も美しかったです。
緑団は龍を使った華やかな演舞が印象的。秋空の下、真っ白な手袋が眩しい!ポカリスエットのCMを彷彿とさせるダンスも青春って感じでいいですね。
青団は空手の組手のような振りがカッコイイ・・・!応援席の OBからも「楽しそう、俺もあれやりたい!」「今年は太鼓を女の子がやるんや?すごいな!」と感嘆の声が上がっていました。
赤団は硬派な学ラン姿の団長を筆頭に、気合いの入った演舞や旗を使った演出が目を引きます。ポンポンを使った女子のダンスもキュート!最後は扇子を使ってビシッと決めてくれました。
そして、各団の応援席に掲げられているのがデコレーション看板。デコレーション係がデザインから製作まで心血を注いだ、いずれも大作です。それぞれに仕掛けが施されているのですが、青団の龍の口が動いたり、雲が揺れたりする演出が来賓席でも特に人気が高かったようです。実はあれ、裏側から人力で動かしていたんですよ(笑)。タイムリーなネタを取り入れた赤団も存在感が光っていました。

白熱する競技と、伝統の河内音頭

高校生全学年で行う【800mリレー】は午前の部のハイライト。応援団の前をランナーが通過するのに合わせて綺麗なウェーブを見せたり、ひと際大きな声援が飛んだりと、各ブロックの応援にも力が入ります。なかでも、今年の甲子園でもよく耳にした「アゲアゲホイホイ」の応援を軽快に踊る緑団の応援は実に楽しそう!
午後の部ではクラブ紹介に続いて【体操部演技】が会場を沸かせます。A〜E難度の技が次々と披露され、保護者だけでなく、生徒からも大きな歓声と拍手が送られました。
2年生の【百足リレー】は一度転ぶとなかなか起き上がるのが大変な競技。
3年生の【モッコリレー】は竹竿にザルを吊るした道具「モッコ」に、農作物に見立てたボールを載せて3人1組で走る競技で、バランス感覚とスピードが命。アンカーには担任が入るため、生徒との絆が試される(?!)競技でもあります。
1年生の【マスゲーム】はブラスバンドの生演奏に乗せて行われました。
そして体育祭を締めくくるのは3年生が踊る洛南伝統の【江州音頭・河内音頭】。「私、これ、もう覚えたかも!」と観覧エリアで踊る他学年の姿も見られました。

みんなの力で充実した大会に

閉会式では今日一日ですっかり日焼けした赤い顔の生徒があちこちに。事前の装飾や、当日の召集、用具準備など生徒会をはじめとする諸係の部の生徒たちの働きで素晴らしい大会にすることができました。大会結果は以下の通りです。

【ブロック総合】
優勝  赤団 / 準優勝 青団

【応援】
優秀  緑団・赤団

【行進】
優秀  赤団・青団・黄団・緑団

【デコレーション】
優秀  青団・赤団

【学年別成績】

  • 1年 優勝 8組 / 準優勝 4組 / 3位 2組
  • 2年 優勝 10組 / 準優勝 7組 / 3位 2組
  • 3年 優勝 6組 / 準優勝 3組 / 3位 8組

2017.9.19 19:00