修学旅行ブログ:2019 修学旅行第一分団

第一分団、解散

2019.7.12 21:38

午後8時27分、バスがアバンティ前に着き、これにて第一分団は解散しました。

学校の先生方、保護者の方にたくさんお出迎えいただいての到着です。

荷物を取って、後は三々五々帰っていきます。修学旅行のしおりはこの時で終わっていますが、本当の修学旅行の終わりは、家に帰って家族や近しい人に感想と感謝を述べた時です。〇〇が大変だった、楽しかった、疲れた、お迎えありがとうなど何か自分の思うことを共有して修学旅行の締めとしてほしいなと思います。そして家族の人はそれを暖かく見守ってください。

修学旅行はただの観光だけでなく、旅行ではしないような体験を通して生きる源を知り、集団行動で自身が周囲に合わせる管理能力と視野の広さを磨きました。

この経験が生徒たちの人生に少しでも糧になれることを願っています。

それでは、これにて第一分団ブログも終了です。保護者の方、見て下さった方、ありがとうございました!

 

2019.7.12 21:38

伊丹空港到着!

2019.7.12 19:36

ただ今伊丹空港に到着しました!

ここで解散の人たちは現時点で解散です。

ゆっくり寝て疲れをとって下さいね。

京都駅八条口解散グループはバスに乗って向かいます!

 

2019.7.12 19:36

新千歳空港を出発

2019.7.12 16:58

ノーザンホースパークを出て、新千歳空港をただいま出発しました。

1・3・5組はANA、2・4組はJALの搭乗口に分かれ、荷物を預けます。

大阪へ向かう飛行機に乗りました。生徒たちも疲れてきているのか、行きよりも寡黙に進んでいます。

途中、嬉しいことがありました。

車椅子の方から声をかけられ、「段差で困っているところを助けていただいて、とても助かりました。ぜひお礼を伝えてください。」と言われました。

困っている人がいれば、見返りを求めず、手を差し伸べる。人間に真に大切な部分はこの優しい心だと私は思います。そんな心をここの生徒たちは持っていることに誇りを感じました。

 

ANAは18:45に、JALは19:00に伊丹空港へ帰る予定です。

2019.7.12 16:58

ノーザンホースパーク

2019.7.12 15:57

修学旅行最後の観光地、ノーザンホースパークにやってきました。

まずはお昼ご飯を頂きます。

最後のご飯です。姿勢を正し、唱和する流れも自然に身についています。

雨がひどければノーザンホースパークでの自由時間も短縮せねばならないと教師陣は考えていましたが…

なんと、雨がだんだんと止んできました!この学年は強力な晴れ男か晴れ女がいるのかもしれません。そんなわけで幸運に恵まれて遊ぶことができました。

馬に餌を与えてる人もいれば、自転車や、ゴルフ、アーチェリーも楽しんでいる人もいました。

私たちも見回りと称して、カートでのドライブを楽しみました。とても気持ちよかったです。

最後の場所、雨で潰れることなくて本当に良かったです。

2019.7.12 15:57

羊ヶ丘展望台

2019.7.12 14:04

羊ヶ丘展望台でクラス写真を撮りました。

雨が降り始める中、急いでクラーク博士像に集まります。

 

2019.7.12 14:04

北海道開拓の村

2019.7.12 10:23

最終日、風も強く、午後からは雨が降りそうな天気になってきました。本日初めに訪れたのは北海道開拓の村。

明治から昭和初期にかけて建築された北海道の建築物を再現した野外博物館です。

馬車も走っていました!

漁村群のこどもの広場では竹馬、駒などの遊具があり、生徒もチャレンジしています。

苦戦したり、練習するうちに上達したり、中には才能を発揮する人も現れました。

2019.7.12 10:23

ガトーキングダム

2019.7.11 22:27

4日目のホテルは…ガトーキングダムです。

入り口の並木道を抜けると…

大きなホテルが!「こんなところに俺たち泊まっていいんですか!?」と生徒も驚いていました。本当に立派なホテルです。

ロビーと吹き抜け。壮観です。すごい所へ来てしまいました。

夕食と朝食をこちらで頂きます。

シャトレーゼの系列のホテルなので、デザートが豊富な上に、とても美味しかったです。生徒も何度もおかわりに並ぶほど。紅茶のシフォンケーキが一番人気でした。

 日中でもたくさんお土産を買っていましたが、ここでも買えるので生徒たちはお土産を買おうと売店に並びます。もう旅の終わりが見えてきましたね。

明日で修学旅行も終わり。長いようで短かったなあとしみじみとしますが、生徒も同じようです。

 

「もうすぐ終わってしまうと思うととても早いなと感じてしまう。今日が終わると明日帰ることになってしまう。もっと色々なものを見て感じたかった。」

 

生徒のミーティング用紙の感想の一つにこう書いてありました。

体感時間としては本当に短かったと思いますが、この数日の思い出は生徒にとって一生のものです。思い返した時に、色々あって楽しかったな、と言えることが私たちの心からの願いです。

大きなトラブルがこれまでなかったのは、生徒の心がけのおかげです。あと一日、楽しい時間にしていきたいですね。

2019.7.11 22:27

自主研修終了!

2019.7.11 18:04

五時半。自主研修を終えた生徒たちが札幌駅北口へ帰ってきました。

電車に遅れることも、トラブルに見舞われることもなくちゃんと全員帰ってきてくれました。

研修中は私たちも小樽、札幌付近で行動していましたが、時々生徒に会うと手を振ってくれたりして、楽しんでいるな〜とこちらも嬉しくなります。

青の洞窟や時計台やテレビ塔に行ったり、パフェを食べたり、海鮮丼を食べたり…。また、日銀の金融資料館に行く班もありました。班それぞれが1日満喫したようです!

お疲れ様でした。これからホテルに向かいます。最後の夜、羽目を外しすぎず楽しみましょう!

 

2019.7.11 18:04

自主研修始まりました!

2019.7.11 10:13

自主研修ただいま開始です!

午後五時半まで、各班ごとに立てた計画で小樽〜札幌を巡っていきます。

小樽運河でクラス写真を撮り、解散!

上手くいくといいですね、楽しんで〜

2019.7.11 10:13

石水亭

2019.7.11 8:12

おはようございます!私たちが泊まった温泉旅館は石水亭、というところでした。

広々としたロビーに生徒たちもすごいやん!と驚嘆。

夕食も豪華ですね!みんな刺身やジンギスカンに舌鼓を打っていました。この日は校長先生のお話もありまして、より気が引き締まります。

疲れも出てくる3日目。自分の体調をコントロールできるよう、夜はしっかり寝てほしい…!ミーティング用紙にも「ちゃんと寝る」とのコメントが増えてきました。睡眠不足にならないよう移動時間も上手く寝てくださいね。

ところで、一階のロビーではビンゴ大会が開催されるということで。

後ろに生徒が大勢集まっているの、わかりますでしょうか…?この後もどんどん増えて大盛況となりました!景品もぬいぐるみ、お皿、そうめん流し機(!?)などたくさん。運の良さを遺憾なく発揮しビンゴを成し遂げた生徒は狂喜乱舞、周りも囃し立てたり悔しがったりとても楽しい夜になりました!

 

 

2019.7.11 8:12

地獄谷温泉へ

2019.7.11 0:34

本日の終着点、地獄谷温泉です。

想像以上の荘厳な風景に疲れていた生徒も思わず遊歩道の奥の方へ誘われていきます。見学時間は疲れも見越して45分ほどでしたがもう少し欲しいと言う生徒もいました。

硫黄の匂いと熱気が溢れていました!そろそろ疲れも蓄積されてくる頃。温泉に入って癒されましょう…!

本日の宿は温泉旅館です。楽しみですね。

2019.7.11 0:34

室蘭、地球岬

2019.7.10 23:02

体験学習も終わり、登別へ向かう途中、地球岬に寄りました。

室蘭にあり、アイヌ語の「ポロ・チケプ(親なる 断崖)」という音からきているそうです。

どこまでも続く青、海と空の青さが溶け合う神秘さ。その色彩と、吹き付ける冷たい海風に生徒も釘付けです。

 北側を見ると鐘があり、(生徒はもちろん鳴らしに群がります)

その先には険しい断崖。地球の壮大さを一望できます。

売店では、名物炎の毒まんじゅうが売っていました。

一つは激辛唐辛子入り。誰が当たるのか…緊張の一瞬です。

2019.7.10 23:02

1 / 212
page top

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。