民泊体験報告③

2019.5.24 18:53

各所での民泊体験の報告その③です。

各担任の先生から送られてきたコメントも一部添えて、お送りいたします。

※ 写真はクラスごと、班ごとではありませんので、ご容赦ください。

 

● お団子を自分で作って自分で焼いて自分で食す。

無心で食べます。おいしそ~

 

● 漁港付近の民家では、朝から市場で鯖やカタクチイワシの荷揚げ見学や、海辺で釣りをしたりと、体験がてんこ盛り! 楽しそうですね。

  

 

 

 

● 塩づくりの体験をさせていただいています。私たちの食生活に必要不可欠な「塩」のゆかりを知ることができたように思います。

 

 

● カツオのたたき作りの体験です。もちろん、自ら作ったたたきは、ありがたく頂戴します。脂ののったカツオだったようで、新鮮でジューシーな食感を味わえました! 漁港に近い民家ならではの体験!

 

 

● 茶揉み体験をする班を見つけました。日常いただくお茶に使う茶葉も、たくさんの工程によってできていることをしることができました!

 

 

 

● 釣った魚に満足!! 大自然のバックとともに。

● 手芸体験! お母さまの指示をしっかり聞き、丁寧な作業をすることで、きれいな作品に仕上げることができました!

 

 

● こちらの班では合同で作業。なんと、キンモクセイの記念植樹をさせていただいています。植樹といっても、土を掘る作業、植える作業、そしてそのあとに竹で囲う作業などたくさんやることが。大人になったとき、見に帰ってこよう! 君たちの命と同じように、鹿児島の地で一生懸命に生きていることと思います。

 

 

● 養豚体験です。2週間ばかり前に生まれた子ブタの赤ちゃんを抱かせていただきました。おいしくいただくために去勢手術が必要とのことでその一部の作業を手伝います。辛い場面ではありますが、みんな必死にいのちと向き合うことができました。普段当たり前のように口にするお肉。そのことのありがたみを痛感していました。

● ニンニクの収穫班。最初は慣れない作業も、コツをつかんで素早くやれています。この班、ここから家までランニングするんですって!

 

 

● 記念写真をパシャリ! 充実感で満ち満ちています! この1日でどんな作業をしたか、どういうところが面白かったか、楽しそうに説明してくれます。訪問して、こちらも嬉しい気持ちになれます。

 

● 各班にそれぞれの味があり、それぞれの魅力が感じられました。生徒たちがそれらをしっかり受け取り、今後の人生に生かしてくれることを願ってやみません。

民泊も残すところあと1泊と少し。現在のところみんな元気に過ごしていると聞いています。最後の最後まで体調に気を付けて、精いっぱい体験してきてください!

 

 

 

● 今日の終わりに。

ブログ担当もクラスをまたいで数か所巡らせていただきましたが、訪問先ではいつも温かいおもてなしを頂戴しました。現地のみなさんの優しさを受け、ほんとうに心温まります。郷土料理やおそば。生徒を預かっていただいてお忙しくされているはずなのに、無償の愛をたくさんいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。明日の解散式まで、どうぞよろしくお願い申し上げます。 

2019.5.24 18:53 | カテゴリ:2019 中3鹿児島研修旅行