合宿ブログ:2018-3鹿児島研修旅行

おわりに

2018.5.25 20:22

まずは、無事に各家庭に戻り、大きな声で「ただいま」「おかえりなさい」のやり取りができるといいですね。
保護者の方にはいつも通り家で迎えてあげてほしいと思います。そして、「お疲れ様」などの声が生徒の心に響けばいいなと思います。また、ブログをきっかけにしてもいいですが、本人が何をしてきたのかを本人の言葉で聞いてあげてください。長くなることもあると思いますが、しっかりと聞いてあげてほしいです。

今回の鹿児島だ学んだことは、人生においてかけがえのないものになっていると信じたいです。
この学びこそが、人生に生きるべきだと思いますし、今後の彼らを支えてくれると信じています。
生きるとはどのようなことなのか。
学ぶとはどのようなことなのか。
平和とはどのようなことなのか。
今の生活の中では見えないものが、見えてくるありがたい体験やったと思います。今を精一杯生きるということ、真に生きるとはどういうことなのか、それこそが大切なのです。
日常では伝えられない、非日常だからこそ伝えられるものもあります。ありがたいものですね。
今回の体験を通して、子供たちは第2の家族、第2の故郷を得ることができました。
また、ご縁があれば第2の家族に、第2の故郷に帰って、人生を学ぶのもいいのかなと思います。鹿児島の家族の方は受け入れてくれると思います。是非第2の家族・故郷を大切にして、ご恩を忘れることなく、感謝を続けてください。
感謝こそが成長の種で、感謝こそが幸せを生みます。
今回の研修旅行を陰ながらも支えてくれた方のことも想像して、想いを寄せていただきたいと思います。
そして、我々が受けたバトンを未来へと繋げていくことこそが、我々が幸せを手にすることに繋がるのでしょう。
今日お別れの時に流した泪、こぼれた笑顔、心のそこから出た「ありがとうございました」などは、人生の宝です。
その気持ちを忘れずに、慈悲深い心をもった、美しい人に成長していただきたいと思います。「自分さえよければいい」という心をなくし、共に生きる、生かし合う人生のなかで、今を生きて幸せになってほしいです。
最後になりましたが、人生はお蔭様によって生かされていることを自覚して、研修旅行を支えてくれた、全ての方に感謝したいと思います。
我々32期生を支えてくれて誠にありがとうございます。どのような形で恩返しができるかわかりませんが、我々は精一杯自分を生かし、生きていきたいと思います。
ありがとうございました。
合掌

まとまりのない文章、不慣れなブログにお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。ブログを見てくれている方がいてこそのブログです。研修旅行中支えていただきまして、ありがとうございました。皆様の幸せをお祈りして、ブログを終了させていただきます。





2018.5.25 20:22

京都到着

2018.5.25 19:43

京都駅に無事に到着しました。

2018.5.25 19:43

新大阪到着!

2018.5.25 19:31

無事に新大阪駅に到着しました✨

2018.5.25 19:31

名言…?

2018.5.25 17:56

鹿児島で存分に愛を受けた子の一言

「愛が胃から湧いてくる💕」

食育の賜物かもしれないですね✨

「愛に単位はない」

何で好きとか、どのぐらい好きとか、現代では条件とかを大切にしますが、本当の愛とは無償の愛なのかもしれないですね。
見返りを求めない愛を感じたのかもしれませんね💓

幸せな民泊だったのでしょう🎵

2018.5.25 17:56

博多

2018.5.25 17:40

最後の乗り換え、最後の動きが終わりました。
あとは無事に新大阪駅と京都駅につくことを祈りたいと思います。

子供たちはなんと元気なのでしょうか。名残惜しい時間を噛み締めるように、話に夢中です。
さくらで休んでいた子も復帰してきました✨

軽食も食べてよりいっそう元気になりました。

2018.5.25 17:40

新幹線さくら

2018.5.25 15:55

新幹線でも元気で楽しむ子。
疲れきって寝てしまう子。
友達の民泊と自分の民泊の違いを話す、家族自慢をする子。
など様々な子が、思い思いに過ごしております。

2018.5.25 15:55

鹿児島中央

2018.5.25 15:11

離村式を終えて、各地区より集合してきました。
久しぶりに会う友達と話が止まらないようで、家族自慢のような話をしている子もいます。


少し時間があるので、名残惜しくお土産を見ています。

2018.5.25 15:11

離村式 その1

2018.5.25 15:08

とうとうこの時が来てしまいました。
短い時間ですが濃い時間になったと思います。本当の家族として受け入れてくれて、本当の家族になっていたと思います。第2の家族として、第2の故郷として、大切にしてほしいと思います。
各地区の様子を民泊体験同様各担任よりいただいてあげたいと思います。




始まる前は、不安でいっぱいの表情でしたが…

帰りたくないなぁ

枕崎、いいなぁ

あちこちでそんな声が…
お世話になったご家庭の方々と最後のお別れです…

名残惜しいです…
この経験をこれからの生活に活かしていきます。

梅を取り、からかん団子を作りました。今日は農家の方が経営されている、野菜メインのバイキングに行きました。

2018.5.25 15:08

民泊体験 二日目 その1

2018.5.25 14:26

砂の祭典会場に来ました。今年で31回目だそうです。砂でできた作品は想像以上に迫力がありました。

出発前に、受け入れ家庭さんの思い出ノートに楽しかったことを思い出して書いています。

早朝から、しっかりと働いていました。この班はスイカの苗がうまく広がるように畑を耕うんしていました。機械の使い方も、お父さんに丁寧に教わっています。

小麦の後を耕しています。ここでも機械を使っていますね。普段とは、全く違う表情ですね。すごく頼もしく見えます。

何班か、合同で花火工場を見学してました!今から、花火の季節ですね。1つずつ手作りで作られている工程を熱心に見学してました。

2018.5.25 14:26

民泊体験 その6

2018.5.25 12:58

○お茶もみ体験中~!
日本のお茶は茎の部分がまっすぐだから手のひらでもんでまっすぐにしていきましょう!と説明を受けて「このにおい癒される~!」といいつつもくもくとする6名!!
最終的には自分達の作ったお茶を飲みました!

○お庭の刈り入れ体験
慣れない機械に手間取るかと思いきや………手慣れた感じで庭の木々のせんていをしていました!!
「先生!握力が必要です~」といいつつを様になってます!

○いちごのポットづくり
小学校での作業を終えたのも束の間………今からいちごの苗用のポットを5万個ほど作るようです!あと何回するのだろう……と暗算しつつも手際が良くなってきました!!

○竹細工
竹細工の師匠から竹ぼうきづくりのコツを習っています!
いざやってみると………「切れません!!」「長さがそろわないーーー」師匠のようには簡単に出来ないようですね!

○芋の苗の植えつけ
焼き芋も食べて、芋の苗植えつけ中です!この芋はデンプン用の芋でデンプンがとても白いものだそうです!
出来上がりが見てみたいものです!!

○防空壕
「家の近くに防空壕があるんですーーー」っと言われてついていってみるとありました!
めちゃめちゃ大きいです!ここにはエンジンなどのガソリンが蓄えられていたとか……農作業だけでなく色々なことを見て学べる場所になっているようです!

○民泊中のスケジュール
こちらは着いてからスケジュールをまとめたようです!朝も早くからゼリーづくりとは……気合いが違うね~!と言うと「だって先生!!ついた瞬間に日向夏とお茶のゼリーいただいたんですー!めっちゃおいしくてもう感動でした」と……おもてなしに感激しているようでした!レシピをならってお家でも作ってみよう!

○様になっている姿と笑顔
午後から芋の植えつけを続けているようです!ついた頃には……3人ともお手のものでした!!充実している様子が笑顔から伝わります!
昨日は和太鼓を見に行って、体験したようですが…かなり難しいものだったようです!

2018.5.25 12:58

おはようございます。

2018.5.25 7:23

今日の鹿児島はほどよい天気です

DSC_3901


早くも最終日です。午前中民泊最後の時間です。どのように過ごすのでしょうか。最後まで楽しんでほしいものです✨

2018.5.25 7:23

ホタル

2018.5.25 2:54

多くの家族がホタルを見に行ったようです。
ホタルというのは水辺で低い所にいるのかと思いきや、ホタルが舞い上がるように、高いところまで飛んでいて素晴らしく美しいものでした。
儚い命を精一杯生きている姿に私たちは何を見るべきなのでしょうか。
生きるとは…。学ぶとは…。自分の生活を見直すことで世の中の見え方も変わってきます。
ホタルの光は儚く、美しく、人生を見せてくれてるように感じます。
同じ光をみて子供たちは何を感じているのでしょうか。

DSC_3899

2018.5.25 2:54

1 / 41234
page top

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。