合宿ブログ:2019 富士登山合宿【第2分団】

結び

2019.7.26 20:10

まずはじめに、拙く行き届かないブログを御覧頂き、ありがとうございました。

 

五重塔に迎えられて、京都に帰って参りました。(改修中ですが)

生徒達のステキな笑顔や、一生懸命な様子がなければ、ブログは成立しません。

第二分団のみなさん、ありがとう。

ブログ担当者は、普段は34期生と関わる機会があまりありません。

ほぼ知らない先生である私に、ステキな笑顔で接してくれた君たちには感謝しかありません

 

生徒達が経験するすべての行事は、多くの方の支えによって成り立っています。

家族の支え、先生方の奮闘、お世話になるスタッフさんの尽力・・・

登山道で、ショベルカーを使い路面を整備する方に遭遇しました。登山者に配慮して謝りながら、その登山者のための道を整備する。

「仕事でしょ?」といえばそれまでですが、では生徒達の「仕事」とは、その方々の思いに応えることであるはずです。

学校行事に限らず、これから出会う様々な場面で、そんなことを考えるきっかけとして、この合宿があればいいなぁと思います。

 

さて、34期生には本格的な夏休みがやってきます。まず作文でこの合宿を振り返り、その思いを活かした夏にしてください。

 

保護者の皆さまにおかれましては、本合宿にご理解とご協力を賜りありがとうございました。

また、繰り返しではありますが、拙く行き届かないブログを御覧頂きありがとうございました。ぜひ、生徒達の想い出話で、ブログを補って、もといブログを塗り替えて下さい。

生徒達は早朝、冷たい雨にうたれています。どうかご家庭の温かさで包んであげてくださいますようお願いいたします。

それでは、本年度の富士登山合宿のすべてのブログを終わらせて頂きます。

2019.7.26 20:10

京都駅到着!

2019.7.26 19:56

第二分団のバスは19時40分、京都駅八条口に到着しました。

たくさんの先生方、夏休み中にも関わらず、お出迎えありがとうございました。

みんな、いつも以上に気をつけて帰ってね!

2019.7.26 19:56

第二分団 運行情報

2019.7.26 18:30

(交通事情によりますが、到着のご参考になさってください。適宜、こちらのページを更新して参ります。)

19時22分 現在

京都南ICから国道1号線に入りました。あと15分程度で京都駅バスプールに到着の見込みです。

 

19時04分 現在

草津SAを通過しました。19時30分~40分に京都駅に到着の見込みです。

 

ちょっとだけですが、虹が出ていました。自然の景色に敏感になっている生徒がいて、嬉しいです。

18時30分 現在

彦根ICを通過しました。

18時10分 現在

養老SAを定刻より10分遅れで出発です。

2019.7.26 18:30

昼食の様子、追記

2019.7.26 18:28

追加で写真がとどきましたので、下山後の昼食の様子をお伝えします。

2019.7.26 18:28

養老SA

2019.7.26 18:10

最終休憩地点の養老SAを18時10分に出発しました。定刻より10分遅れです。

もう少しで滋賀県に入ります。

2019.7.26 18:10

バス内の様子と現在地。

2019.7.26 17:39

あるバスでは映画を鑑賞中。

ガイドさんの用意してくださったものが、たまたま続篇公開中のものでした!

 

ラッキー!

 

もちろん、疲れて休んでいる者もいます。

 

バスは東名高速の尾張一宮ICを通過しました。少し車の流れが滞っています。

(画像なしで恐縮です。)

2019.7.26 17:39

駒ヶ岳SA

2019.7.26 16:08

定刻より10分遅れて駒ヶ岳SAを出発しました。

疲れきっている者、興奮冷めやらない者・・・

みんな、京都駅から帰宅することも忘れないでね!

2019.7.26 16:08

ホテル出発

2019.7.26 14:19

ホテルを出発です!

たくさんのホテルの方にお見送り頂きました。バス車内でのご挨拶までございました。

疲れてはいても、カメラを向けると元気!

最初の休憩地、駒ヶ岳SAを目指します。

おそらく、当面はバス内はゆっくり休むことになるかと思いますが何かあればお知らせいたします!

 

また京都駅の到着見込み時間についても、休憩ごとを目安にお知らせいたします!

2019.7.26 14:19

3組の昼食

2019.7.26 13:48

最後にホテルに戻ってきた3組の昼食。

食事作法の前に導師の生徒から、

「みんなで登頂できました!拍手!」

と声がかけられました。

普段の教室の様子が分かるようで微笑ましいですね。

さて、もうすぐホテル出発です!

2019.7.26 13:48

ホテルに帰着!

2019.7.26 13:00

全クラス、ホテルに帰着しました!

帰着後は入浴と昼食。

なんと牛丼はおかわりできる!

みんな、もりもり食べます。

でも、胃袋も疲れてるだろうから程々にね!

2019.7.26 13:00

ガイドさんとの別れ

2019.7.26 12:51

「あっ、昨日見たとこー!!」

「帰ってきたー!!」

と、下山の喜びに浸るやいなや、ガイドさんからの最後の御言葉が。

24時間にも満たない短い時間でしたが、これまでの人生で指折りの辛い時間を支え導いてくれたガイドさん。

自然と生徒達も神妙な面持ちに。

「こないだ突然名前を呼ばれて振り返ったら、「8年前に洛南で富士山に連れていってもらいました!」と言われました。君たちもいつか大切な人と一緒に富士山に来て、僕を見つけたら声をかけてね。」

「山が結んでくれる縁っていうのがあって、今回は5年ぶりの先生と再会できました。君たちも大切にしてね。」

洛南でできた人との縁が、人生のどこかで活きてきたら素敵ですね。

2019.7.26 12:51

帰るまでが富士登山。

2019.7.26 11:18

小さいときから「帰るまでが・・・」と言われる機会って多かったですよね。

私たちもついつい言ってしまうこのフレーズ。

富士山については声を大にして言いたい!

かつて、「下山がなければ何回でも登る!」と言った生徒がいましたが、それも分からなくはありません。

達成感のあとの苦労。

でも、それを後押ししてくれる絶景にも出会いました。

下山を始めて九合目くらいまで降りると雨は小康状態に。

そして7合目近くまで降りる頃にはすっかり快晴。

この写真の真ん中には河口湖が写っています。

「さっきの雨でできた水溜まりです」というガイドさんの冗談に、「そんなわけありませんやん!」と返すあたり、意外と元気なのかもしれません。

 

そして、こちら。

鎌倉から江ノ島にかけてだそう。

ブログ担当とガイドさんは思わず「江ノ島が見えてきたー」と口ずさんでしまいました。

 

単調で、疲れた足腰に響く下山道。

そんななかで出会えた景色も宝物ですね。

それから、実は山頂で降っていた雨も下山を後押ししてくれました。

下山道全体に雨が降ったようで、いつもは砂ぼこりが舞って砂まみれになるところ、今日は全く砂ぼこりがありませんでした。

災い転じて福となるとはこのこと。

自然に感謝しながら下山してきました。

 

2019.7.26 11:18

1 / 612345...最後 »
page top

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。