合宿ブログ:中学3年生 九州研修旅行【H28.11.14~11.18】

3組 民泊の様子 前編

2016.11.16 23:09

今日は終日、民泊体験。それでは3組の様子についてお伝えします!随時更新してまいりますので、全員分載せるのには少々お時間頂戴します。

では訪問した順番に。

まずは、濱村くん、仲山くん、山下くんの2班から。

早速訪問してみると…なにやら作業をしていますね。ナイフを使ってやっているのは箸作り。

img_7876img_7878

ここ鹿児島は竹材の名産地。知覧にも所々に竹林があります。今回はそこで採れた竹材を使って、オリジナルの箸を作ります。細く切った竹を、ナイフを使って削っていきます。

担任も別の家で体験しましたが、力の入れ方が難しいんです。とくに先端部分を作るのに力を入れすぎるといびつな形になってしまうので、少しずつ削っていくのがコツです。私は苦戦しましたが、3人はとても器用に作っています。ちなみに、この箸が完成しなければ、お昼ご飯に使う箸はないそうです。頑張れ!

img_7873img_7872

お世話になっています桑畑さんご夫婦は常に優しい表情をされたかたでした。裏の農園にはたくさんの野菜があって、そこで収穫したものを食べさせてくれます。なんと贅沢。

昨晩は外のコテージでお肉を焼いて食べたそうで、綺麗なお月様を見ながらの夕食。

「お肉、めっちゃ美味しかったです」と仲山くん。そんな環境でたべれて幸せだなあ。

ちなみに今朝は6時半には起床して、朝食の片付けをすすんで手伝ってくれたとお父さんからお褒めの言葉をいただきました!

お昼は竹を使って流しそうめんをするとか。羨ましいですね。明日のお昼まで全力で楽しんでください!

img_7877

次は深川さん、佐々木さん、田中さんの10班です。

受入れ家庭の宮原さんのお宅に到着すると…

農園でオクラを齧っている三人娘に遭遇。お見受けしたところ、農園にあるたくさんの新鮮野菜をすでにお腹に収めた様子。

img_7881

どうぞどうぞとお家に入れていただくと、まるで宮原さんの子供のようにさっさっと動いてお茶の準備。どこに湯のみと急須があるか把握しています。

「昨日、お母さんにお茶の淹れ方を教わったんです」と自信満々に語る深川さん。こぼれてますけど大丈夫?ここで素早く田中さんがフォロー。絶妙な連携プレーです。

img_7884

読者のみなさんはお気づきでしょうか?そう、淹れてくれているお茶は知覧茶です!風味もよく、コクの深い味わいが特徴です!

お母さんの話によれば、昨日は夕食の鶏飯をお代わり、ケーキもホールでペロリ、そしてお惣菜もバクバク(担任も椎茸のお惣菜がとても美味しくてたくさん食べてしまいました)!。ご飯の美味しいお家で彼女たちは幸せそうでした。

img_7889

お昼は、みんなで鹿児島名産のかるかんを作るそうです。あと五右衛門風呂の火を付ける体験もさせてくれるとか。いい経験だ!

img_7882

楽しんできてね!

img_7888

3軒目は、神田さん、片山さん、中嶋さん、福田さんの12班。

伺うと、畑で農作業。玉ねぎを植えるそうで、お父さんに教わりながら鍬をふるっていました。

img_7897img_7891

「先生、やってくださいよ」というので参加すると、一斉にみんな作業を止めます。「おいっ、俺だけかい!」笑

今日はとても温かく汗が滲んできました。神田さんに教わりながら、私も土をならしてお手伝い。

お母さんによると、昨夜はみんなで星空観察。街灯のない知覧の空には、綺麗な月と無数の星で埋め尽くされていたことでしょう。

img_7899

続きまして、藤川くん、岡崎くん、冨原くん、西川くんの8班!

こちらはひと作業終えて、非常食をつくっていました。お家にまきがたくさんあるので、外で火を焚いてみんなで共同作業。

img_7902img_7910

いざという時のために、どういう食材で非常食をつくるのか。それを学びます。

火の維持は、ボーイスカウト経験のある冨原くん。藤川くんや岡崎くん、西川くんは食材を運んで投入です!お宅で栽培している椎茸も朝たくさん採って入れていました。

img_7908

お世話になった有村さんのお宅には可愛いワンちゃんにネコちゃんも。

img_7904img_7924

次は松村くん、井上くん、黒川くん、徳山くんの9班

入村式で「たくさん働いてもらいます!」と受入家庭の上野さんに宣言されていましたが、行ってみると…

やってますね!芋の根っ子や茎を折って綺麗に整える作業です。

img_7926img_7929img_7935img_7937

もくもくと働く4人。お天気も良く仕事日和ですね!私もお手伝い。単純作業だけど、意外と面白いです。この芋は焼酎用のものだそうです!

img_7940

午後もお仕事は継続だそうです。がんばれー!

続きまして、1班の中江くん、伊藤くん、鈴木くん

あら、同じ作業をしています。さすが芋どころの鹿児島。

同じように見えますが、これはデンプン用のお芋。芋によっても違うのですね。

img_7954img_7967img_7968img_7969

お母さん曰く、昨夜はみんなで楽しくお話ししてたとか。今日は早く寝ましょうね。

夜はお父さんが関わってる知覧ねぷた祭りの練習を見に行きました!ねぷたおっきいい!迫力満点です!

img_8024img_8018img_8028

 

2016.11.16 23:09

作業は続くいつまでも(6組:午後)

2016.11.16 22:37

○「午前中は芋の収穫をして、昼食は収穫した芋でてんぷらを作りました!」

腹ごしらえを終えると、「じゃぁ午後の作業に行こうか!」

車に乗っていざ出発。山道をずっと登って車が停車。

「このかごを持ってついてきてくれるかな。」

dsc_0255

坂道を下るとみかんの木がたくさんなっていました。

「よし、じゃぁ、みかんの収穫を始めよう。はさみをこう使って…。」

説明が終わるや否やみかんの木々へ突入。

dsc_0260 dsc_0259

「お、甘っ!」

おやおや早速試食ですか?

dsc_0266

でも、それでテンションが上がったのか、収穫のスピードが上がります。あっという間にこんだけの収穫を終えました。

dsc_0270 dsc_0283
dsc_0282 dsc_0288-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

でも、まだまだたくさんみかんがありますよ!作業はこれから。

収穫の後はデコポンの「つるし上げ」という作業をするそうです。仕事に終わりはありませんね!

 dsc_0285

 

○「今ちょうど、キノコを採ってもらっているところだよ。もう終わるかな?」

到着するや否や、農家の方からこのお言葉が。おっと、それは急がなければ!猛ダッシュ!!

ついてみると袋いっぱいのキノコをもつ姿が。“遅かったか…。”と思っていたら、

「あっ、ここのも採って!」

最後の収穫をキャッチすることができました。

dsc_0290

「耕運機を動かしてみるかい?用意しているからついておいで。」

はじめての耕運機操作に目が点になります。

1人ひとりが順番に体験していきます。なかなか貴重な体験ですね!

img_2847 img_2843 img_2852 img_2854

離れたところに小さな看板が。よくみるとここにいる生徒の名前が書かれています。

dsc_0296

「これは俺たちが植樹したみかんです。」

農家の方が記念にと4人のために用意してくれました。

20年後、自分の息子または娘を連れてきてほしいものですね。

「これはね、お父ちゃんが中学生の時に植えたみかんだよ。食べてみるかい?」

 なーんて、言葉が言えたら素敵だと思いません?

img_2860

 

○「あっ、いたいた。」

案内をしてくれる職員さんが車を指さします。“あれ、家じゃないの?”と不思議に思う私をよそに

「じゃあ、ついていきましょう!」

職員さんはそう言って前の車を追いかけていきます。

“みかん畑かな?”

15分ほど走ると車がピタリと止まりました。まわりにはみかんの木などありません。

生徒たちはどうやらわかっているようです。

農家の方が一言。

「ここを登るとすごいものがあるんだよ!」

dsc_0314

というわけで、何故か登山が始まりました。登山といっても往復30分ほどの短距離。

img_2863 dsc_0319

「今日はガスがかかっているな~。」

そのまま、農家の方が話を続けます。

「今日は朝からレタスの苗を200本、時間かかると思ったけど、あっという間だったなぁ!」

その言葉に生徒たちも少しうれしそう。

「あっ、それからこの子は野菜嫌いといっていたけど、カボチャを美味しそうに食べてくれたよ。」

自分たちで収穫したものをそのまま調理して食べる。採り立ての野菜は店で売られているものとは違うのでしょうね。

img_2868 img_2864

午前に一生懸命頑張ってくれたご褒美がこれなのですね。

360度見渡せる絶景が子供たちの前に広がっていました。

dsc_0322 dsc_0326

○本日最後に訪れたのは、今年の物産展を一緒にやってくださった家庭です。

「何を体験したの?」と尋ねると

バケツを持ってきて見せてくれました。

手のひらとバケツには魚がびっしり。

dsc_0328 dsc_0327 dsc_0330

「めっちゃ楽しかったです!今日の夜はこれを食べまーす」とニッコリ。

生まれて初めての魚釣りにテンションマックスのご様子!

 ふと見あげると、時計の針は16時30分を指していました。

「さすがにもう作業はないですよね。明日また来ます。」というと、

「うん、まだあるよ。そうだ、シイタケを収穫してもらおう!よし、裏においで!」

生徒たちはキャーと声をあげてうれしそう。というわけで、急遽しいたけの収穫が始まりました。

「うわっ、これめっちゃ大きい!」

「これも採ってもいいのですか?全部採ってもいい?」

「うーん、これは固くて採りにくーい。」

img_2888 dsc_0341 dsc_0335

私もさせてもらいましたが、うん、これはテンションが上がる!

キャーキャー言いながらするのもうなずけます。

どうだといわんばかりに私に見せてきます。

dsc_0338

収穫が終わった後は部屋の中で仕分けが始まりました。何とプレゼントで持って帰れるそうです。こりゃまたテンション上がりますな。

dsc_0352 dsc_0345

 

2016.11.16 22:37

さまざまなことを体験中(6組:午前)

2016.11.16 22:35

○まずは合同農園での作業。ここでは3つの班が合同で作業します。

img_2678

目の前に広がるたくさんのビニールハウス。中に入ってみるとたくさんのピーマンが実っていました。ここではピーマンの巻き付け作業が行われています。

この作業は、ピーマンが成長するにあたって伸びていくと、垂れ下がってきて成長が鈍くなるので、まっすぐ伸びていくように巻き付けていくものです。

「ここをこうやって巻きつけていくのだよ。」

dsc_0153

横について丁寧に教えてくださいます

しばらくすると、手慣れた手つきとなりました。

10分もすればもう地元の人と見分けがつかないほどに!

img_2679dsc_0151 img_2676dsc_0155
dsc_0149 dsc_0146
dsc_0141 img_2682

      img_2683

ちなみにここはテレビの取材が。

dsc_0144

民泊や農業体験についてインタビューされるようですよ。

一体だれがインタビューされるのかな?

(ちなみに12月に鹿児島限定で放映されるそうです。)

 みんなでやった作業はとても充実したようです。

img_2695 img_2691
img_2693  

 

 ○次に訪れたところでは、部屋の中にいるとのこと。

のぞいてみると、みんな熱心に手を動かし土をこねています。

ここでは陶芸を体験中でした。

img_2707

「ちょっと自慢しちゃおっかな~。」

と農家の方が紙を見せます。

「なになに?、えぇーっ。すごーい。」

農家の方が出されたのは、新聞記事。その記事に乗っている写真の人物が、何と目の前に!

この方は陶芸家でもあり、陶芸展で賞を受賞、個展も開かれているそうです。そんな方から、直接指導していただけるとは!12月ごろに学校に届くそうですよ。

img_2712 img_2711
img_2697 img_2696

「でも、午後からは農作業をみっちりやってもらうからね!」

裏山にはシイタケやレモン、ゆずなどさまざまなものがありました。

これらの手入れや収穫をするとのこと。

「はーい!」元気に答える4人でした。

img_2714

○ドンドン車が山の中に入っていきます。

やがて道は細くなりそして砂利道となりました。

パッと視界が広がると、目の前に黄色い実がなる木がズラリ。

みかん畑が眼前に広がっていました。

「今日は朝から玉葱の手入れをしてもらって、今はミカンの収穫をしてもらっとるんよ。」

子どもたちは真剣な眼差しで、はさみをパチリ。そして手に取って、またパチリ。

img_2716 dsc_0177
img_2724 img_2722

「これは2度切りっていうらしいです。」

木から切り取るために一回、2回目はみかん同士が傷つかないように房のとんがりをとる。これが二度切りという作業だそうです。

見せてくれた箱の中にはたくさんのみかんが入っていました。

dsc_0187-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc img_2732

 

 ○次の場所でもミカンの収穫中。

img_2754

「籠の上に乗ってやるとやり易いよ。」

農家の方のアドバイス通りにやると、

「あっ、本当だぁ。やりやすーい」

しばらくすると

「こっちに来て。たくさん実がなってるから、こっちを頼むよ。」

はーいと答えて再び熱心に収穫。

img_2734 img_2737
img_2751  

ときおりつまみ食いでパクリ。

「甘くておいしい~。」

収穫中のつまみ食いは農家公認なのでご安心を。

次の農家へ向かおうとすると、テテテと走り寄ってきて目の前にズイ。

「先生も食べて。」

おぉ、なんと優しい。う~ん、甘くておいしい!

img_2758

 ○こちらの家では「非常食づくり」をやっていました。

dsc_0211

非常食づくりはこの地域で「震災東出インフラが停止した時などに身近にあるもので生き抜くためにはどうしたらいいのか」という思いから始まったそうです。

「はいはい、ここにお湯を入れてください。真ん中ぐらいまでね。」

お母さんが出したものはお菓子の“じゃがりこ”。

dsc_0218

「えっ、これに?マジ?!」

戸惑いながら、言われたとおりにお湯を入れます。

3分後にはごらんのとおり。

dsc_0234 dsc_0233

「これ絶対美味しくないって!」

と言いながら口に入れると…。

「あっ、うまい…」

まさに、ポテトサラダです。

「おっと、柿をとってもらうのを忘れてた!おい、食事の前に柿の収穫だ!こっちに来て~」

dsc_0239 dsc_0240

まだまだ仕事があるようですね。このあともしっかり仕事をしてくださいね!

 img_2796

○そろそろお昼が近づいてきました。

この時間帯になるとお昼ご飯づくりがメインとなってきます。

「今日は午前中に芋の収穫をたっぷりしてもらいましてね~。」

周りにいる子どもたちもウンウンとうなづきます。

「これが俺らが取った芋ですよ」

と自慢げに芋がたっぷり入ったかごを見せてくれました。

dsc_0243

昼ご飯は先ほど紹介した非常食と煮物のようで、煮物はもちろん自分たちで作ります。火の番をする係と芋の皮むき係に分かれます。

img_2803 dsc_0250

 

しばらくすると、一人の生徒が手持無沙汰に。どうするのかなとみていると、

「仕事がなくなったのですけど、次は何をしたらいいですか」

おっ、いい心がけですねぇ!

「そうかそうか、じゃあ、里芋の皮むきを手伝ってくれるかな。」

dsc_0247 dsc_0251

このように食事も農家の方と一緒になって自分たちで作ります。一緒に作ったものだからこそ、格別な味となるのでしょうね。

img_2809

2016.11.16 22:35

2組*民泊の様子*その2

2016.11.16 21:09

さて、これから午後の様子をお伝えします。

午後になっても相変わらずいいお天気で、むしろ暑いくらいでした。

 

⑥昼食後、最初に訪れたのは、7班の皆さんのところです。

ちょうど家を出てシイタケの収穫に向かうところでしたので、ついて行ってみました。

cimg0428 cimg0434

黒い網のかかったハウスの中には、ご覧のようにたくさんの木にシイタケが生えています。

全体の半分の収穫は終わっていたので、残りの半分の収穫をさせていただきました。

とは言え、きれいに採るのはなかなか難しいようです。

慣れない手つきではありますが、一生懸命作業してくれていました。

 

⑦続いては、1班の皆さんが体験しているところです。

cimg0441 cimg0446

2組で唯一枕崎市での受け入れだったので、「他の子たちの民泊先から遠いのではないか?」と、研修旅行前からクラスで話題になっていましたが、実際には20分程度で行くことができたので、遠いとは感じませんでした。

昼食のあと、港で釣りをさせていただいていました。

いつもならアジがよく釣れる場所だそうです。

担任がいる間は1匹も釣れていませんでしたが、その後、釣れたのでしょうか…。

 

⑧次に訪れたのは、10班の皆さんがいるお宅です。

ちょうど養豚場に向かうところだったので、またついて行きました。

cimg0459 cimg0474

昨日生まれたばかりの子豚がいたのですが、子豚は生まれた時貧血状態で生まれるそうで、子豚に栄養剤を注射します。

なんと、その注射をさせていただいていました!恐る恐るではありますが、3人とも、勇気を出して注射します。

痛がって鳴くのかと思いましたが、子豚は意外と大人しくしていました。

その後は、豚にえさやりです。

豚たちはえさをもらえるのが分かるようで、大喜びでした。

 

⑨さて、最後にもう一度、合同体験をしている皆さんがいるところを訪れてみました。

そして、午前中には会えなかった9班の皆さんにも会えました。

cimg0480 cimg0479

亀ヶ丘という、写真のようにこんなに見晴らしのいい場所に連れて行ってもらって、大喜びで走り回っていました。

この広い場所で、「鬼ごっこやろう!」とはしゃいでいましたが、本当に元気ですね。

車でこの場所から帰る時、7班の皆さんが乗る車とすれ違いましたので、7班の皆さんも、その後ここを訪れたのかもしれませんね。

夕日がとっても綺麗に見えたのではないでしょうか。

 

以上で、本日の様子のご報告を終わります。

どの班も本当に楽しそうで、受け入れ家庭の方とも仲良くさせていただき、それぞれに貴重な体験をさせていただいていました。

とても充実した1日になったのではないかと思います。

 

2016.11.16 21:09

2組*民泊の様子*その1

2016.11.16 21:08

今日は1日、民泊先のお宅で様々な体験をさせていただきました。

最高にいいお天気で、海も山もとっても綺麗です。

 

①そんな中、担任が最初に訪れたのは、2班の皆さんのところ。

cimg0386 cimg0388

畑に種をまくために、土を耕した直後だったそうです。

まいているのはラディッシュの種です。

真面目に、黙々と作業をしていました。

この後は、シイタケの収穫に向かっていました。

 

②さて、次に訪れたのは、4班の皆さんがいるお宅です。

cimg0399 cimg0394

サツマイモ掘りが終わって、午前中の予定が早く片付いたそうで、夕食のデザートのマンゴープリンを作っているところでした。

美味しくできたのでしょうか。もう食べ終わったころでしょうね。

この後はお餅つきをする予定だそうで、外ではお父さんが臼を磨いてくださっていました。

 

③続いては3班の皆さんがいるお宅です。

cimg0403 cimg0404

朝は5時に起きて、漁船に乗せていただき、漁を見学させていただいたそうです。

そして、朝釣ったばかりのお魚で、遅めの朝ごはんを食べようとしているところでした。

お味噌汁は、班員のみんなで作ったそう。

担任がお宅を後にするとき、お父さんの「味噌汁うまい!」という声が背中に聞こえてきました。

良かったね。本当においしくできてたのかな?

 

④さて次は、8班のみなさんがいるお宅です。

cimg0409 cimg0411

台所に立って、代わる代わるお米を洗っているな、と思いきや、なんと非常食作りに挑戦していました。

午前中には釣りに連れて行っていただいて、その時に釣った小さなキスを昼食に食べると言っていました。

後から聞いた話ですが、非常食作りは他のクラス・班でも経験させていただいたそうです。

写真でお母さんや班員が持っている“じゃがりこ”も、いざという時の非常食としてとても役に立つそうです。

どのようにして食べるのかは、ぜひ、子どもたちが帰ったら聞いてみてください。

 

⑤午前中最後に訪れたのは、5班・6班・9班・11班・12班の5つの班が合同で体験しているところです。

cimg0418 cimg0414

担任が訪れた時には、残念ながら9班の皆さんは昼食の準備のために帰ってしまっていましたが、残りの班の人たちは海辺で遊んでいました。

午前中には、1m以上もあるウミガメ(あくまでも生徒の見解です)を海に放流したそうです。

両手をいっぱいに広げて、「こんなに大きなカメだったんですよ!!」と嬉しそうに話してくれました。

その後、昼食の時間が近づいていたので各家庭に帰って行きましたが、浜辺で遊び、それぞれの家に帰って行く姿は、まるでこの地元に住む子どもたちそのもののようでした。

 

午前中の様子はこれで終了です。投稿が長くなりそうなので、続きは”その2”でお伝えします。

2016.11.16 21:08

民泊の様子(4組)

2016.11.16 19:53

本日も快晴です。

朝方は少し肌寒かった川辺ですが、皆んなちゃんと起きたかなぁ…

昨日の様子からは大変心配な担任でございます(~_~;)

 

早速、各ご家庭を訪問させていただきました。
img_1172

この班は玉ねぎの苗を植えていますね〜

昨日はよく眠れましたか?

グッスリです‼️とのお答え(笑)

安心いたしました

 

この班は芋てん作りですね〜img_1173

包丁さばきもGOOD

ここは花の植えかえしていますね〜

花は自分の心をあらわしますよ

自分だけの美しい花を咲かせてほしい、と常に願っていますよ〜img_1176

さあ、ここは野菜の手入れですねimg_1177

土作りと水やりは、野菜作りの基礎ですよね。何事も基礎が肝心なのです。

頑張って👍

さあて、次の班は合同で作業をしていますね。

生姜の土を落としてますね。

生姜のいい香りが漂っています。おっと、隣では米を蒸してますよ。

 

これは餅つきですね‼️

テンションが上がるのは、私だけでしょうか〜

餅にサツマイモを混ぜて、芋餅にするらしいです(^^)

腹減るやんか〜img_1175

img_1185

img_1186

あー、餅を食べ損ねました(T_T)

気を取り直して、次の班のもとへ向かいます。

しかし、いく先々で「先生、何で来たん❓」

ショック…

それでも、お前ら最高だぜ‼️

お次の班はみかん🍊狩りではありませんか⁉︎

え、山の頂上付近にいるんですって⁉︎

登るの…ですか…

私は、黙々と登りました。

その先で、真剣にみかんを取ってる生徒達‼️

「あま〜いミカンをくださいな」

「はい、どうぞ〜」

めっちゃ甘くて美味しいんですよ。img_1178

img_1179

ここで、農家のお母さんが芋てんをご馳走してくださいました。これがまた美味しいのなんの‼️

img_1130

みかんに芋てんで、エネルギーに満ち溢れた担任はさらに進みます‼️

お次の班はどこだ〜

 

おっと、いましたね〜。山の芋の実を取ったらしいですよ(^^)

ちょっと味見を…

山の芋の食感なんですよ、コレが‼️

午後からは近くの学校(全校生徒5人)に行って、小学生とも交流するそうですよ。

img_1180

さすがに、私もあちこち回って少し疲れました(~_~;)

芋てんとみかんをあれだけ食べたのに、なんて無粋なツッコミはやめてくださいね(^^)

けどね、皆んなの笑顔見ると嬉しくなります。来てよかった〜

 

さて、次の班は何をしてるのかなぁ

この班は受入れ家庭の方が体調を崩されて急遽2つの班をまとめて受入れてくださったんです。

よって、6人がお世話になってます(^。^)

ここのお母さんもパワフルです‼️

「子供達は多い方がやり甲斐あるんです。それにいい子ばかりなんで楽しいです」こういう方々に支えられて民泊が成り立っているんだと改めて感謝です。

この班は芋掘りですか。何でも農家の方の友人が作っておられる芋を一気に収穫するらしいです。ファイト‼️

img_1181

img_1184

このご家庭では、明日は石焼窯で自家製ピザを焼くそうです。その記事は明日アップしますね。

 

さて、こうして全ての班を回りました。

案内してくださったエコリンクの方によると、川辺は海が近くにないのだけれど少し車を走らせると開聞岳がきれいに見えるところがあるそうです。どこかの班がそこに行ったという情報をキャッチしました。

行くしかないでしょう(笑)

そこには釜蓋神社というところがあり勝負事、縁結びにご利益があるのだとか…

元なでしこジャパンの澤選手もお参りに来られたそうです。

発見‼️

img_1183

農作業は終わりました‼️

元気に答えてくれました〜

 

今、こうして今日を振り返ってブログを書いています。研修旅行を通して、普段と違う姿を見せてもらってすごく幸せです。保護者の方にも、早くお伝えしたかったのですがあれもこれも、言いたい事があり過ぎてこんなに時間がかかったしまいました。

覚えておられますか?入学した頃は、あどけなくもまだまだ危なっかしい30期生でしたがこんなに成長してくれました。まだまだ、一人前とは言えませんがこれからも様々な経験を経てもっともっと成長していって欲しいものですね。

今頃、各ご家庭では夕食でしょうね。たくさん食べてゆっくり休んでください。

明日の夜はフェリーですよ。

では、この辺で。私は、明日の夜実施予定の星空観察会の準備をします〜

洋上で星空なんて見た事ない〜。どないしましょ〜

それではおやすみなさい💤

2016.11.16 19:53

5組 民泊の様子(前編)

2016.11.16 19:25

皆さん、こんばんは。それでは早速、生徒の様子をお伝えしていきます!

※彼ら、彼女らのコメントや写真、そして受け入れ家庭の方や担任のコメントを読んで、見て、楽しんでもらえればと思います!

※民泊班は全部で12班ありますが、すべての班を今日一日で回れませんでした。そのため、今日は前編として7つの班、そして、明日、後編として5つの班の様子をお伝えさせていただきます。

最初の班ですが、我々が訪れた時は家の外で焼き芋を食べていました!「何の作業をしたの?」と聞くと、「今、学校から帰ってきました!」という答え。

よくわからなかったので、続けて聞くと、地元の学校に特別ゲスト?として授業に参加させてもらったとのこと。

こんな経験もいいですよね!

「そろそろ次に行くので、最後に家族みんなで写真を撮りましょう!」と言うと、犬も来てくれました!

なんとその犬は有名犬なのです!テレビにも何度か取材されたらしいです!「まゆげ犬」詳しくは写真でご確認ください!

img_3634

次の班ですが、体験活動はさまざま。ピザづくり、そばづくり、そして陶芸。

「先生〜朝からピザ食べ過ぎて気分悪いよぉ〜」羨ましい悩みですね。

と話をしていたのは陶芸しながらです。「これ本当に自分たちで作ったの!?」と驚くほど素晴らしい作品の数々。その一部は写真で確認していただけるかと。

我々が去るときに、受け入れ家庭のお母さんが、「先生!いい子達ばかりですね!」と。

何故だか自分が褒められている気がして嬉しかったです。

img_3623

最後の女子班です。動きやすい格好をして、軍手をはめて、これから農作業というところでした。

受け入れ家庭の方が生徒たちに質問「掘る前に予想して!これは何でしょう?」少し考えても「う〜ん…わからないですね。」と生徒が答えながら、掘り起こしてみると「あ〜っ!!」

「みんながお寿司を食べるとき、横についてるガリはこれでできているんだよ!」と教えてくださいました。

その後に生徒が「私たちが食べてるものってこうやってできてるんやな〜」と。これを聞いて、今回の民泊は成功だな!と思いました。

我、今、幸いに…。ご飯を食べられるということは非常にありがたいことですね。

img_3597

ここからは男子班です。最初に訪れたところは黒豆の皮むきをしているところでした。

カゴいっぱいに、豆と皮をキレイに分けていました。「次はどれをすればいいですか?」と与えられた仕事だけでは働き足りないのでしょうか?自分たちで仕事を探していました!

偉いですね!能動的に行動する!今回の研修旅行で身につけた力を学校やお家でも発揮してくれることを期待しています!

img_3608

次の班の主な体験は酪農体験です!行く前は、いろいろと思うことがあったらしいのですが、いざ行ってみると!

ダチョウにエサやり、搾りたての牛乳を振って、バター作りなど。普段できないことばかりで、大興奮の様子でした!

学校で学ぶこととは異なる種類の学習をしてくれました。明日、この地を去ることを今から残念そうにしていました…

img_3635

次はクラス代表生徒のいる班です。朝一番に行った班でしたが、すでに作業は始まっていました。

ほうれん草の種まきをしていました。生徒の中には農業経験者?もいたので、段取りよく、受け入れ家庭の方も「みんな、いいセンスしてるね!」と褒めてくださいました。

そんな時に、一人の生徒が担任に質問をしてきました。「先生、いつまでここにいるの?」なぜでしょう?どっか行け!と言われたような気になりました…もっと、受け入れ家庭のお父さん、お母さんと話をしたいのでしょうね!それにしても傷つきました…笑

img_3609

本日のラストです。班員3人ともサッカー部で体力自慢の班です。ちなみに担任が顧問です!

案内係の方が、「先生、着きましたよ!」と言われるのですが、どこに生徒がいるのかわからなかったのです。写真を見ていただければ、お分かりになられるかと思いますが、作業着が似合い過ぎていて、現地の方と勘違いしたのです。

自分たちが育てたお米で、おにぎりを作り、まぁ厳密にいうと作ってもらい、お昼ご飯はそれを食べたそうです。どこでかと言うと、日本三大砂丘の一つである吹上浜で。より一層美味しかったことでしょう!

img_3637

前編いかがでしたか?

担任としてこのブログを書く上で、意識したことは「ライブ感をお届けしたい!(生徒たちの声をそのまま伝えたい)」ということです。そのため、表現としてあまり適切ではないところがあったかもしれませんが、ご了承ください。

明日は後編です!前編で出た生徒の保護者の方も是非とも見ていただければありがたいなと思います。

2016.11.16 19:25

さぁ、何を体験するのかな?(3日目の朝)

2016.11.16 7:22

みなさん、おはようございます。

気になるお天気ですが、ごらんのとおりです。

dsc_0138

すごいいい天気でしょう?これからこの天気が続くそうです。

事前にいただいた作業内容を見てみると、ハウス農業、みかん畑、野菜管理、茶畑管理などなどさまざまです。

さぁ、何を体験するのかな。今日は各担任がその様子を報告いたします。

お楽しみに!

※報告は各担任が業務の合間に行います。よって報告の時間にずれが生じますが、その点、ご了承ください。

2016.11.16 7:22

2組入村式

2016.11.15 20:36

指宿港に着いたときにはまだ15時にもなっていなかったのですが、入村式の会場に着いたときには、辺りはもう真っ暗。

途中、知覧を通り、川辺を通り、加世田を通り…。

他のクラスが民泊すると聞いている地域を通り抜け、やっと到着しました。

「もう暗いので…。」と、係の方が案内してくださったのは、南さつま市大浦支所の建物の2階です。

受け入れ家庭の方々が、下のような横断幕を持って出迎えてくださいました。

cimg0375

そんな受け入れ家庭のお父さん・お母さんの笑顔を見て、生徒たちの緊張した面持ちもほぐれ、安心した様子です。

cimg0374

代表挨拶は、我がクラスの副委員長。

うちの委員長は生徒会長でもあり、別の機会に学年や学校を代表して挨拶してもらうことが多いので、今回2組では副委員長に挨拶をしてもらいました。

担任が頼んだわけでもないのに、挨拶の文言を暗記してきた副委員長。

慣れない仕事に緊張も一入でしたが、立派に大役を務めてくれました。

ありがとう。カッコ良かったよ!

cimg0380 cimg0381

入村式が終わると、無事、各家庭に分かれて去って行きました。

中には、事前にバスガイドさんに教えてもらった鹿児島弁で挨拶をする生徒も。

対面前のドキドキの不安感がワクワクの期待感に変わって、これから約1日半の体験が楽しみになったようです。

今ごろは、晩ご飯をお腹いっぱい食べさせてもらって、色んな会話に花を咲かせている頃なのではないでしょうか。

明日、各ご家庭に訪問するのが、今から楽しみです。

2016.11.15 20:36

あれっ!?(5組入村式)

2016.11.15 20:08

「まだ着かないんですか?」

「あと15分くらいかな〜」

「まだですか?」

「あと5分!」

いよいよ受け入れ家庭の方と初対面!

ワクワクとドキドキ!

バスの中のワイワイしていた雰囲気とは一変して、ビシッ!とする42人!担任も含め43人!

いよいよ入村式の始まりです!

代表挨拶をしてくれた生徒は京都にいる時から何度も練習し、クラスのみんなの前でもしてみましたが、緊張…

昨日の夜も消灯時間ギリギリまで友達と確認してくれていました!

「やっぱり、頼りになる人は本番に強いな!」

入村式後に担任が彼にかけた言葉です。

あたりの前のことが当たり前にできなくて、ご迷惑をおかけするかもしれませんが、なんでも全力でやらせていただきます!

私、泣きそうでした…

彼だけではなく、他の41人の表情を見ていると、担任の私が「現地の方にご迷惑をかけないかな…大丈夫かな…」と心配していたことが恥ずかしいです。

img_3562

今、このブログを部屋で書いてます。もちろん一人です。

いつもこの時間なら、「早く、お風呂行きなさい!」、「スリッパはそろえる!」とガミガミ言っているのですが、それを言う相手がいません。

あれっ!?

何だか寂しい…

悔しいですけど、やっぱり好きなんですね!自分の生徒のことが!

2016.11.15 20:08

1組入村式

2016.11.15 19:23

日の入りが近づき、西日が弱くなってきた頃、枕崎・坊津地区でお世話になる、1組の入村式が始まりました。

会場は、お魚センター。かつおの水揚げ港があり、かつおぶしの生産で知られる枕崎らしくて良いですね。

img_7866

受け入れ家庭の中には、1ヶ月半前に、文化祭の物産展で来ていただいた方もちらほら。その時に顔合わせをしていた生徒は、再会に興奮していました。

式では、学級委員長が挨拶をしました。緊張しながらも、練習の成果を発揮し、堂々とした良い挨拶でした。

img_7865

式の終了後、受け入れ家庭の方と車に乗って各家庭に向かって行きました。いってらっしゃい!

img_7863

 

 

2016.11.15 19:23

入村式と種子島の様子(4組)

2016.11.15 19:05

種子島の見学も終えて、いよいよ入村式です。

ちなみに種子島の様子はこんな感じでした

img_1060img_1065img_1041img_1049img_1043img_1040img_1039img_1037img_1034

いいお土産買えましたか?

img_1051

あ、それからですね。ぜひ載せて欲しいというので

img_1054img_1053

人文字JAXAらしいです(^^)

まあ、4組らしいと言えば、そうなんですけどね…

と言うわけで、入村式です。

どのご家庭も温かそうな方で、ひと安心。和やかに式はすすみました。

img_1079

各ご家庭で、ダメな事はダメとキチンと叱って下さい。

img_1080

そう言って送り出しましたが、皆んな笑顔で民泊家庭に向かいました‼️

明日から、頑張って農作業ですよ〜

2016.11.15 19:05

3 / 512345
page top

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。