中高一貫教育だからできる、
充実の教育内容!

6年後を見据える中高一貫教育の特性を生かした授業は、楽しく、真剣で、きめ細やか。まず重点を置くのは「人間性に裏打ちされた確かな学ぶ力」の育成。この基礎を充分に身につけることが、たくましい学習意欲につながります。教師と生徒が熱意を持って取り組む「わかる授業」、「次につながる授業」の積み重ねが洛南の確かな実績を作り上げているのです。

各教科指導の特徴

  • 英語

    英語は毎日英語にふれることができるよう中1から週6時間の授業を行っています。また外国人講師による授業を導入し、楽しみながら「聴く力」「話す力」を身につけてもらえるようにしています。中2で中学課程の内容を終了した後は発展した学習へと移行し、小テストの実施等と併せて徹底的に「読む力」「書く力」を養成し、英語の本当の面白さ、深さを実感できるよう指導していきます。

  • 数学

    中高生にとっては、基礎的な計算の力を養うことが大切です。本校ではまず新入生に対しては、計算力を充実させ、自ら考える力を育てるため予習の習慣をつけることを第一としています。授業では表現力の育成に力を入れ、大学受験まで見据えた内容を、本校独自の教材を利用して高校卒業までに何度も繰り返し、しっかり定着させていくようにしています。

  • 国語

    中学では毎週の小テストなどを通じて国語学習の基礎となる語句の力がつくようにしています。単に読解力をつけるだけでなく、人としての広い見識を持ってもらえるよう「考える力」を重視しています。これは高校課程で、大学入試を見据えた、やや難度の高いテキストに挑むうえでも役に立っています。古典学習は中2でスタートし、繰り返し基礎に戻り、うわべだけの読みに終わらない、しっかりした読解力をつけてもらいます。

  • 理科

    中学課程では、科学への興味・自然への謙虚な姿勢を培い、科学の方法を修得することを目標としています。幅広く、テーマによっては高校の教材や実験器具も柔軟に取り入れ、知的好奇心を満たしながら、系統的な学習・探求ができるよう工夫しています。高校課程では分野別科目の履修となり、科学の最新トピックを取り入れながら問題提起を行い、それぞれ教科書内容にとらわれず、発展的な内容に踏み込んだ授業展開となっています。

  • 社会

    社会科は決して暗記科目ではない、理解する科目である。これをモットーに教科指導を進めています。歴史・地理・公民いずれの分野においても、「なぜ、このようなことがおこったのか、他にどのような影響を与えたのか」を常に考えさせ、答えを導き出させています。また、地域の歴史や有名人物などについて調べる課題作成や、課外活動を通して、受験だけでなく、社会で必要な情報の収集・分析・処理の能力を高めるよう努めています。

カリキュラム

教科中学課程高校課程
学年1年2年3年1年2年3年
国語556666〜7
社会44345〜84〜8
数学66677〜87〜8
理科44462〜64〜8
保健体育333333
芸術222110
技術家庭221020
情報 200
英語667767
宗教111111
特別活動111   
353535383838
(LHR1単位を含む)

高校課程

全日制普通科の中で次のようなコース分けを行っています。

海パラダイム

学習指導・生活指導両面の徹底を図り、2年次からは科目の選択制も取り入れ、志望と適性に応じた進路指導を行う。

→詳しくは高校WEBサイトへ

空パラダイム

特に最難関国公立大学志望の生徒のための、高校課程履修内容の早期完成とハイレベル演習を実現。

  • 1日7時間授業を実施する。
  • 休暇ごとに補習授業を実施する。
  • 各学年とも目標を定めて学習合宿を行う。
  • 面談を通じて緻密で親身な個人指導を行う。
  • 学級担任・教科担当者・保護者の連絡を緊密にして、生活と学習の両面にわたり指導を徹底する。

※附属中学校を卒業した生徒は、原則として高校課程〈空パラダイム〉に進学するものとします。(ただし、著しく学習意欲が乏しくまた本校の教育理念への理解が得られず、それらの改善の可能性が認められない場合を除きます。)〈空パラダイム〉には2クラス約100人の高校入学の生徒が加わります。

→詳しくは高校WEBサイトへ