学校行事レポート

中学長距離記録会・駅伝

2017.2.3 18:00

宇治 太陽が丘にて長距離記録会&駅伝

今年度最後のスポーツ行事

立春の前日である、節分の日に宇治の京都府立山城総合運動公園(通称 太陽が丘)で中学生の長距離記録会と駅伝を行いました。雲の流れが速く、春の陽気と冬の寒さが交互に訪れるため、開会式では学校長から「走った後の体温管理にも気をつけ、全力を尽くして」との激励がありました。中学陸上部主将による爽やかな選手宣誓の後、諸注意や準備体操を行い、いよいよ長距離記録会のスタートです。1年生は初めての長距離記録会ということもあり緊張した様子でしたが、応援に駆けつけた保護者の姿を見つけ元気に手を振る姿も見られました。

2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝

男子は約6km、女子は4kmを激走

長距離記録会は競技用トラックを半周した後、アップダウンのある外周コースへと出ていきます。男子は1周が約2km強の外周を3周、女子は2周し、再びトラックへと戻ってゴールとなります。コースを間違えないように高校陸上部の先輩が常に先導・伴走をしてくれます。京都府No.1の実力者たちのサポートを受けられるなんて、贅沢な記録会ですね「先導する先輩方を抜けるなら抜いても構いません」という先生のムチャ振りに、ヤル気と苦笑の入り混じったざわめきが起こります。

2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝

それぞれが自分なりの目標を設定

「とにかく完走したい」、「去年より少しでもタイムを縮めたい」、「最後なので楽しんで走りたい」など、各々が目標を定め、それに向かって一生懸命に走ります。大ヒット映画「君の名は。」の主題歌でもお馴染みのバンド、RADWIMPSの曲を頭の中で歌いながら走るのだと嬉しそうに話してくれた女子生徒もいました。個人の順位に応じたポイントの合計で各学年の優勝クラスが決まるため、自分がゴールし終わってもゴール付近はクラスメイトの応援で大混雑。途中、脇腹を押さえ歩いていた生徒も、応援を受け、再び走る気力を振り絞りました。

2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝

クラス代表による白熱の駅伝

3学年合同の縦割り6チームで競う駅伝では各学年男女代表の6名が1チームとなり、長距離記録会と同じコースを1人1周ずつ走りタスキを繋ぎます。
1区は2組と5組がほぼ並走状態で戻ってきました。僅差で2組がトップタスキを繋ぎましたが、2区では5組が逆転、3区では徐々に順位を上げてきた3組が一気にトップに躍り出ます。これには応援席からもどよめきが起こりました。4区では再び5組がトップに!ちなみに4区を走った5組の男子生徒が全区間1位のタイムを記録しました。リードを守り切った5組が5区、最終区も制し、スタート前に「順位を落とさずゴールしたい」と話してくれたアンカーの男子生徒がゴールすると、チーム全員で健闘を称え合っていました。次々とゴールする後続組の選手にも惜しみない拍手が送られ、白熱の駅伝は幕を閉じました。

2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝2017 中学長距離記録会・駅伝

今日の経験を生かして

閉会式では長距離記録会と駅伝の結果をポイント制で集計した、各学年の総合優勝が発表されました。まさか自分たちのクラスが優勝だと予想していなかったのか、一瞬戸惑いの空気が流れてから遅れて盛り上がる・・・というクラスが多かったような?教頭先生の「今日、苦しいなかでも最後まで頑張った力はきっと皆さんの今後にも生かせるはず」との講評に生徒たちは充実した表情を見せていました。最後に、あらゆるサポートをしてくれた高校生の先輩にお礼をし、大会は無事終了。生徒たちは「今日はすぐ寝れそー」「めっちゃ疲れたけど、良かったな」など口にしながら、帰路につきました。

<大会結果>

●長距離記録会
1年の部 優勝3組 準優勝6組
2年の部 優勝1組 準優勝2組
3年の部 優勝6組 準優勝2組

●駅伝
優勝 5組
準優勝3組

●総合
1年の部 優勝3組 準優勝6組
2年の部 優勝2組 準優勝1組
3年の部 優勝2組 準優勝6組

2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝 2017 中学長距離記録会・駅伝

2017.2.3 18:00