学校行事レポート

中学バレーボール大会

2017.6.18 14:16

○本日はバレーボール大会

本日6月15日、学祖:空海弘法大師様がお生まれになった日。そのご誕生を記念して、本校では毎年、バレーボール大会が開かれています。

「クラス対抗戦では、やはり勝負にこだわってほしいと思います。どのクラスも優勝目指して頑張ってください。」

学園長の言葉に、

「スポーツマンシップにのっとり、正々堂々と戦うことを誓います!」

力強い代表生徒の宣誓で、本日のバレーボール大会が開幕しました。

開会式① 開会式②
 開会式③

○中学1年

中学1年生の試合は,体育館の中で行われました。体育の授業だけではなく,休み時間も利用して練習してきた成果を発揮するときがやってきました。

 ① ② 

試合が始まると,得点が決まる度に大きな歓声が沸き起こりました。試合中に教え合い励まし合う姿や,声を枯らしながら応援する姿に胸を打たれました。

⑤

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑥  ④

バレーボールは,個人競技ではなく,自分がボールを触った後に仲間につながないといけません。自分よがりのプレーを控え,チームの一員としてやるべきプレーを意識することの難しさや大切さを,体育を通じて感じてもらえたかと思います。

優勝は1組,準優勝は2組でした。1組2組おめでとう!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

○中学2年

 初めてのクラス替えを経験して、昨年とは違う空気の中で慣れないながらにチームワークを発揮して頑張ってくれました。昨年仲良くなった友達との勝負に困惑する姿もありましたが、正々堂々全力で勝負することによって切磋琢磨できる仲間になっていったと思います。

 

 

 ①  ③
 ④  ⑤

大会自体に関しては1年生とは大きく違い、ボールがなかなか落ちずにラリーが続く場面もあり、さすが2年生という姿を見せてくれました。見ている仲間もハラハラドキドキして、応援の声もこれ以上ないほどに大きなものになり、他クラスに対しても大きな声援を送っている姿は32期生として美しい姿でした。

⑧ ⑥
⑨ ⑪

また、審判も立派に務めてくれたバレー部の皆さんは、さすがにバレーという競技を熟知し、技術も洗練されており、別格のプレーを見せてくれました。一番印象に残るのは、バレー部の子のサーブです。毎回の練習でコツコツ練習したであろう身についた技術は、本当に流れるように美しく、レシーブされることも少なかったように思います。

一年間で本当に大きく成長してくれたのだと実感できた大会になりました。

最後にバレー部と生徒会役員は準備・片付け・運営などをお手伝いいただき、ありがとうございました。

⑬ ⑫

○中学3年

1学期も後半に入り、中学3年生は、研修旅行を通してクラスの仲間との絆が深まり、各クラスでそれぞれの色が出てきました。そんな中、今日はバレーボール大会が開催されました。学年が上がるにつれて、サーブが入る確率が上がったり、ボールをつないでラリーが続いたり、ネット際のプレーも増えたりと、技術の向上が感じられるのですが、中には、レシーブ、トス、後一歩でスパイクというレベルのグループもいて驚かされました。高校生になると、多くのグループがレシーブ、トス、スパイクができるようになって、バレーボール大会はもっと盛り上がるでしょう!とても楽しみです。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

大会は、1試合ごとに順位が大きく変わる大接戦になりました。生徒の試合終了後に、バレー部と教員チームで親善試合を行いました。バレー部の部員はみんな昨年に比べて飛躍的に上達していて、教員チームは全く歯が立たず、バレー部の大勝利でした。みんなよく頑張りました。バレー部と生徒会役員は準備・片付け・運営などをお手伝いいただき、ありがとうございました。

⑬

2017.6.18 14:16