洛南高等学校 校名改称60周年について

 本学園は828年(天長5年) 学祖 空海 弘法大師が庶民教育のため創設した「綜藝種智院しゅげいしゅちいん」を起源とします。その精神を受け継ぎ、1881年(明治14年)雲照が教育機関として「総黌そうこう」を設立しました。名称を変えながら高等教育機関(現在の種智院大学)・中等教育機関に分離し、戦後の学制改革で1948年(昭和23年) 中等教育機関は「東寺高等学校」として認可されました。1962年(昭和37年)校名を「洛南高等学校」と改称し今日に至っています。2022年(令和4年)は、「洛南」と呼称して60年、人に譬えるなら還暦の節目の年にあたります。

 つきましては、これまでの歩みを振り返り、さらなる発展に向けて踏み出す機縁として60周年記念誌の発行を計画しております。

 作製にあたっては学園にご縁のある関係者の皆様のお力添えが不可欠となります。今後企画される記念行事、記念事業も併せ、いろいろとお願いを申し上げることもあろうかと存じます。その折にはよろしくご協力、ご支援賜りますようお願いいたします。

連絡先:洛南高等学校内
洛南高等学校改称60周年記念誌準備室
電話 : 075-681-6511
e-mail : rakunan60@rakunan-h.ed.jp