さまざまなことを体験中(6組:午前)

2016.11.16 22:35

○まずは合同農園での作業。ここでは3つの班が合同で作業します。

img_2678

目の前に広がるたくさんのビニールハウス。中に入ってみるとたくさんのピーマンが実っていました。ここではピーマンの巻き付け作業が行われています。

この作業は、ピーマンが成長するにあたって伸びていくと、垂れ下がってきて成長が鈍くなるので、まっすぐ伸びていくように巻き付けていくものです。

「ここをこうやって巻きつけていくのだよ。」

dsc_0153

横について丁寧に教えてくださいます

しばらくすると、手慣れた手つきとなりました。

10分もすればもう地元の人と見分けがつかないほどに!

img_2679dsc_0151 img_2676dsc_0155
dsc_0149 dsc_0146
dsc_0141 img_2682

      img_2683

ちなみにここはテレビの取材が。

dsc_0144

民泊や農業体験についてインタビューされるようですよ。

一体だれがインタビューされるのかな?

(ちなみに12月に鹿児島限定で放映されるそうです。)

 みんなでやった作業はとても充実したようです。

img_2695 img_2691
img_2693  

 

 ○次に訪れたところでは、部屋の中にいるとのこと。

のぞいてみると、みんな熱心に手を動かし土をこねています。

ここでは陶芸を体験中でした。

img_2707

「ちょっと自慢しちゃおっかな~。」

と農家の方が紙を見せます。

「なになに?、えぇーっ。すごーい。」

農家の方が出されたのは、新聞記事。その記事に乗っている写真の人物が、何と目の前に!

この方は陶芸家でもあり、陶芸展で賞を受賞、個展も開かれているそうです。そんな方から、直接指導していただけるとは!12月ごろに学校に届くそうですよ。

img_2712 img_2711
img_2697 img_2696

「でも、午後からは農作業をみっちりやってもらうからね!」

裏山にはシイタケやレモン、ゆずなどさまざまなものがありました。

これらの手入れや収穫をするとのこと。

「はーい!」元気に答える4人でした。

img_2714

○ドンドン車が山の中に入っていきます。

やがて道は細くなりそして砂利道となりました。

パッと視界が広がると、目の前に黄色い実がなる木がズラリ。

みかん畑が眼前に広がっていました。

「今日は朝から玉葱の手入れをしてもらって、今はミカンの収穫をしてもらっとるんよ。」

子どもたちは真剣な眼差しで、はさみをパチリ。そして手に取って、またパチリ。

img_2716 dsc_0177
img_2724 img_2722

「これは2度切りっていうらしいです。」

木から切り取るために一回、2回目はみかん同士が傷つかないように房のとんがりをとる。これが二度切りという作業だそうです。

見せてくれた箱の中にはたくさんのみかんが入っていました。

dsc_0187-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc img_2732

 

 ○次の場所でもミカンの収穫中。

img_2754

「籠の上に乗ってやるとやり易いよ。」

農家の方のアドバイス通りにやると、

「あっ、本当だぁ。やりやすーい」

しばらくすると

「こっちに来て。たくさん実がなってるから、こっちを頼むよ。」

はーいと答えて再び熱心に収穫。

img_2734 img_2737
img_2751  

ときおりつまみ食いでパクリ。

「甘くておいしい~。」

収穫中のつまみ食いは農家公認なのでご安心を。

次の農家へ向かおうとすると、テテテと走り寄ってきて目の前にズイ。

「先生も食べて。」

おぉ、なんと優しい。う~ん、甘くておいしい!

img_2758

 ○こちらの家では「非常食づくり」をやっていました。

dsc_0211

非常食づくりはこの地域で「震災東出インフラが停止した時などに身近にあるもので生き抜くためにはどうしたらいいのか」という思いから始まったそうです。

「はいはい、ここにお湯を入れてください。真ん中ぐらいまでね。」

お母さんが出したものはお菓子の“じゃがりこ”。

dsc_0218

「えっ、これに?マジ?!」

戸惑いながら、言われたとおりにお湯を入れます。

3分後にはごらんのとおり。

dsc_0234 dsc_0233

「これ絶対美味しくないって!」

と言いながら口に入れると…。

「あっ、うまい…」

まさに、ポテトサラダです。

「おっと、柿をとってもらうのを忘れてた!おい、食事の前に柿の収穫だ!こっちに来て~」

dsc_0239 dsc_0240

まだまだ仕事があるようですね。このあともしっかり仕事をしてくださいね!

 img_2796

○そろそろお昼が近づいてきました。

この時間帯になるとお昼ご飯づくりがメインとなってきます。

「今日は午前中に芋の収穫をたっぷりしてもらいましてね~。」

周りにいる子どもたちもウンウンとうなづきます。

「これが俺らが取った芋ですよ」

と自慢げに芋がたっぷり入ったかごを見せてくれました。

dsc_0243

昼ご飯は先ほど紹介した非常食と煮物のようで、煮物はもちろん自分たちで作ります。火の番をする係と芋の皮むき係に分かれます。

img_2803 dsc_0250

 

しばらくすると、一人の生徒が手持無沙汰に。どうするのかなとみていると、

「仕事がなくなったのですけど、次は何をしたらいいですか」

おっ、いい心がけですねぇ!

「そうかそうか、じゃあ、里芋の皮むきを手伝ってくれるかな。」

dsc_0247 dsc_0251

このように食事も農家の方と一緒になって自分たちで作ります。一緒に作ったものだからこそ、格別な味となるのでしょうね。

img_2809

2016.11.16 22:35 | カテゴリ:中学3年生 九州研修旅行【H28.11.14~11.18】