1組 民泊の様子

2016.11.17 0:32

枕崎・坊津地区の家庭にお世話になっている1組の様子を各家庭ごとに報告いたします。

photogrid_1479292601842

 

最初の家庭の作業場所に行くと、たくさんの遊具が!生徒はブランコなどで楽しんでいました。担任を見つけると、素早く集まり、パン作りが始まりました。どうやら待っててくれたようです。早速、小麦粉に水や牛乳を入れて混ぜ始めました。パン作りの始まりです。「上手な人は、混ぜ終わった時に、混ぜ終わった後に手に混ぜたものがひっついていない」と言われ、お互いの手を見比べていました。作業が一段落したところで、担任が登ってくるのを面白がって見ている生徒と一緒に、記念写真を撮りました。

photogrid_1479292999496

次の場所では2家庭が作業していました。1つ目の家庭はみかんの日焼け防止のカバーかけです。たくさんのカバーを4人がそれぞれ渡され、実にかぶせていました。「あっ、こんなところにあった」というような見えないところにも実があって、最初は周囲からかぶせていましたが、だんだん身を木に突っ込んでカバーをかけたり、木の下に潜り込んでカバーをかぶせていました。

photogrid_1479293095602

もう1つの班は、ビワの木の手入れです。ビワの木は高さがあるため、みんな脚立を使って作業をしていました。慣れた手つきで作業する彼らですが、農家の方に、「裏のミカンを取ってあげなさい」といわれると、素早く移動し、いいものを選んで、「どうぞ」といって渡してくれました。食べさせていただきましたが、とてもおいしかったです。

photogrid_1479293240150

次の家庭では、ワンちゃんからの気合の入った挨拶(吠えられる)を受けつつお邪魔しますと、生徒3人が、よもぎ餅を作っていました。集中して黙々と作業する生徒、いつまでも挨拶してくれる犬のコントラストが絶妙でした。生徒に聞きますと、最初の晩はワンちゃんから熱烈な歓迎を受けたようです。お餅をいただきながらお話ししていますと、昨晩もいろいろな体験をさせていただいたようで、嬉しそうでした。photogrid_1479293331113

次の班は、枕崎牛の飼育体験をしたあとにポンカンの手入れをしている班でした。牛と触れ合う体験の感想を聞くと、「暖かかった」「毛並みがよかった」などと言っていました。割と苦戦したようです。その後にポンカンの手入れを剪定ばさみを使っておこないました。受け入れ農家さんの作業を熱心に見て学ぼうとする姿勢が素晴らしかったです。

photogrid_1479293731381

次の家庭は、焼酎用に栽培しているいもの収穫作業でした。到着すると、受け入れ農家さんに「おいで!」と呼ばれる生徒。「何が起こるんだろう?」と思っていると、いもを掘る機械に乗車するではありませんか!彼女たちが順番に運転すると、通った後は畝が掘り起こされ、いもが並んでいました。それらを「卵より大きいもの」だけ集め、機械で袋に詰めていました。飛び込みで参加した担任よりも、圧倒的に早く処理する生徒たちにただただ感心しました。

photogrid_1479293994668

 

お腹がすいてきたお昼頃、次の農家に着きました。着くと、「先生が切る分を残しておいたんだよ!」と農家の方に言われました。「先生、教えますよ!」という生徒。「手本を見せてくださいよ」と言いますと、手際よくさばく生徒たち。ちょっとだけ切らせていただいたあと、カツオ料理づくしのお昼ご飯。彼らが作った「カツオのたたき」だけでなく、「カツオのから揚げ」なども好評でした。

photogrid_1479294057693

次の家庭は、塩づくりで有名な家庭です。海水を熱することで、塩を作っておられるところで、生徒は塩の結晶をいただいていました。普段、料理によく使われる塩ですが、結晶はとても美しかったです。また、近くに突然現れた虫の説明を生徒がしてくれました。「試験ではわからない能力も生徒は持ってるなあ」感心させられた担任でした。

photogrid_1479294168300

次も2班合同で、海に行く前に訪問しました。最初の班は、餡子が入ったお餅を葉っぱで包んだものを作っていました。丁寧に包まれている中に、餅、餡子が入っていて、とてもおいしかったです。また、「じゃがりこ」を使った非常食づくりを学んでいました。全国で販売されている製品の、知らなかった活用法に感心している生徒でした。

photogrid_1479294271520

 

もう一つの班では、犬を飼っていました。さらに、飼っている犬以外にも、地域で生きている犬がおりまして、面倒を見ていました。家の犬でもないのに、生徒がいると寄ってくるということは、思いやりのある対応をしたからだと考えられます。その優しさを持ち続けて欲しいですね。また、先ほどの班と同様に、非常食の作り方について学びました。一生懸命聞き理解することで、有事の際に動ける人になってほしいですね。

 

photogrid_1479294504184

次の班は釣りをしていました。なかなか釣ることができず、一生懸命餌をつけるばかり。「かかった!」釣りあげてみると、危険な魚が。危ないからすぐにリリースすることになりました。根気強く釣りをしていると、よい魚が釣れた生徒も。釣りは難しいですね。

 

photogrid_1479294628705

最後の班は、陶芸体験をしていました。自分のデザインを色違いの粘土で表現し、形を作っていました。難しいところは、ホストファミリーのお父さんが手伝ってくださいました。それぞれの作品に、各自が個性的な工夫をしていました。出来上がりが楽しみですね!

以上、1組のファームステイの様子でした。

2016.11.17 0:32 | カテゴリ:中学3年生 九州研修旅行【H28.11.14~11.18】