習うより慣れろ(チェルトナムタウンミーティング)

2017.3.22 13:15

 

 のどかな街並みを堪能し、バスに乗ってしばらくすると…。

 再び、英国人先生が次の見学地である町についての解説を始めました。のんびりしている場合ではありません。語学研修の再開ですぞ。さぁ、耳を象さんにしましょう!私も含めてね(笑)

Let’s improve Listening ability!(←後で英語教諭の添削が入ると思います…)

PhotoGrid_1490152286989

Cheltenham is …」

生徒たちが眉間にしわを寄せて聞き取ろうとしている雰囲気を感じ取ったのでしょうか。

You will have quiz about Cheltenham Gloucester There will be a prize.

 この言葉に生徒のテンションも上がります。「おーっ!」という声が上がったということは聞き取れているということですね。続いて、この町の有名人の説明が始まります。

He was best known for his orchestral suite “Planets”

この町は有名な作曲家:ホルストが生まれた地でもあるのです。さて、この英国人先生の解説がきちんと聞き取れたかな?習うより慣れろ。とにかく聞き取ろうと努力する姿勢が大事ですね。

「今から課題を集めます。後ろから前へ回してください!」

「!!」

 降りる前に昨日出された宿題提出が行われました。

ところが!集めてみると宿題が2つ足りません。ここは私も参加させてもらいました。といっても、英国研修中ですから、私も英語で。

WhoHands up!」

「Do it now!

しばらくすると、英国人先生が督促します。

「○○、Have you done your homework? I’m angry!!

日英連携で対処させてもらいました。(笑) 

 DSC_1029

 集められた宿題を英国人先生が11枚じっくりチェック。はたして、どういう評価がもらえるでしょうか。この宿題は昨日訪れたストーンヘンジが何のために作られたのか、その理由について自分の考えを書くというもの。

 生徒たちにとっては自分の考えをまとめること、それを表現すること。生徒たちの将来にとって貴重な学習をしています。

  宿題提出を無事終えて、あとは英国人先生の解説のもと、チェルトナムの街を散策しました。

PhotoGrid_1490152905428

PhotoGrid_1490152357909

※今日のブログはこれで終了です。また明日(日本なら今晩かな?)の様子をお楽しみに!おやすみなさい!

 

2017.3.22 13:15 | カテゴリ:30期生 英国語学研修《3.17~3.30》