中1高野山オリエンテーション合宿2日目まとめ

2018.4.14 17:48

中学生として初の宿泊行事、高野山オリエンテーション合宿のまとめです。

この合宿は、日常と離れた宗教的空間を様々な体験を通じて様々な観点から体感することで、これからの6年間の洛南での学習・生活に対する姿勢をかたちづくるためのものです。

2日目の行程を終了し、16:40頃に京都駅八条口に全員帰ってきました。本日のまとめを写真も交えながらお知らせします。

【本日の行程】

起床・洗面→勤行・掃除→朝食→壇上伽藍見学→授戒→学校長・生徒部長講話→昼食→閉講式・本堂参拝→(バス移動)

<掃除・勤行>お寺の朝は早いもの。普段と起きる時間が違っても、ここは修行の場。お寺の時間に合わせて、早朝から掃除と勤行に臨みました。雑巾がけをしています。拭くのではなく、磨く意識で取り組んでいます。

<壇上伽藍見学>高野山の二大聖地のひとつ、壇上伽藍の見学を行いました。根本大塔。スケールの大きさに驚いていました。三鈷の松。

六角経蔵。把手のついているところが回る仕組みになっていて、一周すると一切経を読経した功徳が得られるというものです。

<授戒>仏様の示された戒めの教えを直接授かり、法話をいただく儀式です。この戒めを「菩薩十善戒」とよびます。儀式は真っ暗の中行われますので、入場の様子のみお伝えします。手に渡されているのは塗香です。

<学校長・生徒部長講話>7クラスが一斉に集まって、学校長先生、生徒部長先生から講話をいただきました。 学校長先生からは、本校の歴史と、共に学ぶことの重要性を教えていただきました。生徒部長先生からは、他人への気遣いのできる人間性について、これまでの経験を元にお話いただきました。

<昼食>
最初は不慣れだった食事作法も、次第に慣れてきました。全員でしっかりと声を合わせ、大きな声で唱えることができました。

<閉講式・御礼の挨拶>閉講式が行われました。生徒代表の謝辞。ある院では「修行体験がとても貴重な経験になりました」という内容の謝辞を述べてくれました。最後にお世話になった院の方々に「ありがとうございました」と御礼をして帰ります。

<最後に>

今回はオリエンテーション合宿ということもあり、1日1回の更新でしたが、この合宿の内容や生徒の様子が少しでも伝わっていれば幸いです。

2018.4.14 17:48 | カテゴリ:34期生・高野山オリエンテーション合宿【H30.4.13~14】